【初心者が知るべきこととは?】FXの仕組みや業者の選び方を理解しよう!

どのような仕組みで利益を出せるのか

FXといえば2つの国の通貨のペアを選び、価格差で利益を確保できるように取引を行います。通貨の価格は常に変動しているため、チャートでリアルタイムに表示されて購入や売却をするタイミングを決める仕組みです。
購入をするときは価格が上がる直前にすると理想的ですが、証拠金維持率の関係で決済をする前にロスカットをされることもあります。

このため、場合によってはそのまま放置することもできなくなり、最適なタイミングで取引を行うようにしないといけません。利益を確保するためにはチャートの値動きを予測し、最適なタイミングで購入や売却ができるようにすることです。

最近では自動売買ツールもあるためわざわざ値動きを読まなくても稼げる方法もありますが、高額になることや詐欺が発生しやすいなどリスクがあります。

業者を選ぶポイントは

業者を選ぶときは国内だけでなく海外もありますが、会社概要を確かめてから決める必要があります。会社概要は所在地や連絡先などがきちんと明記され、海外の業者の場合は日本語でサポートされているか確かめることが大事です。

また、資金管理が信託保全でないと倒産すると預けた資金を返金してもらえなくなり、事前に確かめてから新規口座開設をしないといけません。

海外の業者は新規口座開設や入金などでボーナスがもらえますが、実際には詐欺の勧誘のケースもあり会社概要や利用者の口コミや評判などを確かめて決めることが大事です。また、レバレッジが高いと少ない資金で大きな利益を出せますが、出金を拒否され続けると一方的に損をすることになります。

安心して取引を行うようにしよう

サラリーマンが副業としてFXをするときは利益を積み重ねるよう計画を立て、税金対策をきちんとする必要があります。
税金対策は年間で20万円以上の利益が出れば課税対象所得になり確定申告が必要で、給料から天引きされるか自身で納付書で納めるか選ぶことが可能です。

しかし、有料のセミナーや情報商材、取引ツールなどを購入すると経費として扱えるため、課税対象所得から控除されます。
このため、領収証をきちんと保管して書類に記入し、毎年の2月中旬頃から3月中旬頃までの間に手続きを完了すると負担する金額を減らせて便利です。

また、確定申告をするときは税務署に相談するとアドバイスをしてもらえ、今後の生活に役立てるようにすることもできます。
このため、税金をなるべく減らすことや出金するタイミングを決めるとコツコツと利益を積み重ね、サラリーマンの副業としても最適です。